Debt consolidation information知っておきたい債務整理の情報をお届けします。

債務整理とブラックリスト

債務整理を行おうと考えている人の中にはブラックリストに掲載される事を心配している人もいるでしょう。

ブラックリストと言えばよくないイメージがありますが、一体ブラックリストがどの様なものなのかしっかり把握しておきましょう。

どのような場合にブラックリストに掲載されるのか、そしてブラックリストに掲載されたらどの様なデメリットがあるのかをしっかり把握しましょう。

ブラックリストに掲載されても債務整理をした方がよいのか、もしくは債務整理を行わない方がよいのか判断する際に参考になるのではないでしょうか。

借金は一度してしまうとどんどん膨れて行くものです。結果的には自分の収入では賄い切れず、お金を借りて別のところに返済し、またお金を返す為に別のところからお金を借りるという悪循環になりかねません。こんな金額でなどと思わずに、厳しいなと思ったらすぐに相談するようにしましょう。

借金に関する悩みは一人では解決できない場合が多いです。そんなときには司法書士や弁護士などの専門家にしっかりと相談することをすすめします。

自己破産や任意整理、個人再生などの債務整理についても詳しく聞くことができます。

任意整理をするなら債務整理をしましょう

債務整理の中で最も有効な手段とされているのが任意整理です。この手続きは、金融機関と直接交渉をして、借金の減額や支払いが可能になるような条件に変更する手続きです。高金利で貸し付けられている場合は、利息制限法に基づき払いすぎた利息を返してもらうことが出来ますし、返ってきた利息は元本に充当することが出来るので、大幅な借金減額につながります。

任意整理は、裁判所が関与していないので、提出書類などを作成する必要もないですし、財産取り押さえなど制限もかかることがなく、手続きをすることが出来るので、多くの人が行っている手続きです。

債務整理と任意整理と将来について

現在多重債務を抱えている人は、月々の返済にも滞っている人が多いと思います。結局、今月返済することができないから別の所から借りてなんとか返済しようという意識が強いのだと思います。しかしいつまでも延滞を繰り返していると精神的にもつらいですし、やはり借り入れ先の印象もよくありません。

そこでいっそプロに相談してみませんか?おそらくきちんと仕事をしているのであれば債務整理の中でもきちんと返済していくための制度である任意整理を進められることになると思います。こちらであれば自分が生活をして、返済も無事していけるような金額に設定することができます。

減額幅が債務整理のポイント

かなり減額されるような状況となっている場合、債務整理でも大きな方法を利用しているとわかります。かなり大掛かりな方法を活用していることで、負担が大きくなっている可能性もありますが、その分だけ借金については減額できています。

任意整理になると、減額される金額は小さくなってきますので、思っていたよりも返済する金額は多くなってきます。それでも負担は少ないので、簡単に返済を完了させられるようなイメージがあります。どのような減額を行って、債務整理を完了させていくのかが重要になります。減額幅はポイントとして考えられます。

債務整理の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

債務整理関連

MENU

TOP 任意整理 債務整理 過払い 交通事故弁護士 離婚弁護士 弁護士と司法書士

交通事故弁護士の慰謝料相談、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談、離婚相談についての情報。

交通事故弁護士の慰謝料、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題、離婚の内容以外の問い合わせはこちら