Debt consolidation information知っておきたい債務整理の情報をお届けします。

目次

  1. 自己破産について知る
  2. 弁護士がおこなう自己破産
  3. 自己破産を迎えても弁護士に話を
  4. 司法書士に自己破産を依頼すると制限がある?

自己破産について知る

自己破産を行うには、審査に通る必要があります。
専門の弁護士、司法書士の方に相談するのも良い方法ではないかと思います。

自己破産は、債務整理の中で最も認知されおり、法律的効果のあるものです。
自己破産の方法としては、破産の申し立てを行い、全ての借金の免責を受ければ、全ての借金が無くなり、支払い義務がなくなります。

借金の返済はなくなりますが、クレジットカードや銀行から融資を受けることはできません。

また、官報の破産者名簿に名前が載るなど、デメリットも大きい為、自己破産を行うには十分に検討する必要があります。借金の返済ができないからといって、自己破産をすれば楽になるというものでもありません。

また、自己破産は誰でもできるわけではありません。
さらに自己破産には厳しい審査があります。その条件を満たさなければ、自己破産は受けることはできません。

特定調停について

弁護士がおこなう自己破産

借金の問題に関しては、多くの人が悩んでいることが予想されます。生きていくなかでお金は必要不可欠なものであり、なかなか上手に使えていない人もいるかも知れません。その結果、借金を重ねてしまい膨れ上がってしまったケースもあることでしょう。

何らかの事情で収入が望めないようであれば、裁判所に申し立てをおこなうことで、もしかしたら自己破産が認められるケースもあります。そうなると借金は免除されますので、簡単に認められるような制度ではありません。借金問題に詳しい弁護士にサポートを受け、おこなっていくようにしましょう。

民事再生について

自己破産を迎えても弁護士に話を

自己破産が確定した場合でも、その後の生活について相談することとなりますので、結果的に弁護士に話をしなければなりません。話をしないまま迎えてしまうと、また借金を作ってしまう可能性もあります。

借金を作りやすい状況となっている場合は、借金を作らない生活の方法について考えたほうが良いでしょう。使っていく方法によって、かなり変わっていく部分もあります。生活習慣などを変えていくようにすれば、自己破産を何回も行う必要はありません。1回行っていく場合には、相談していろいろな対策方法も教えてもらうことが望ましいのです。

大阪で弁護士を探すなら「弁護士 大阪」で検索。

司法書士に自己破産を依頼すると制限がある?

司法書士に自己破産を依頼すると、制限がかかります。それは、裁判所に代理人として出席をしてもらえないということです。認定司法書士なら、140万円以下の借金の交渉などで代理人になることができますが、簡易裁判所までという制限があります。

自己破産は地方裁判所の管轄となりますので、借金の金額に関わらず、代理人になってもらうことはできません。しかし、司法書士に書類の作成を依頼したり、手続きについてのアドバイスをしてもらうことはできます。メリットとデメリットがありますので、弁護士に依頼をした場合とよく比較をして決めましょう。

自己破産・債務整理関連

MENU

TOP 任意整理 債務整理 過払い 交通事故弁護士 離婚弁護士 弁護士と司法書士

交通事故弁護士の慰謝料相談、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談、離婚相談についての情報。

交通事故弁護士の慰謝料、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

債務整理について知る

債務整理の相談

過払い請求の相談

交通事故の慰謝料の相談

離婚の相談

弁護士と司法書士