Debt consolidation information知っておきたい債務整理の情報をお届けします。

司法書士になるために必要な勉強時間

どの位の時間勉強を行うと司法書士に合格する事ができるのだろうか、という事が気になっている人もいるようですね。

また、効率よく勉強するための方法がネットなどで調べながら勉強を進めている人もいるようですね。効率を改善する事で勉強に必要な時間を少しは短縮する事ができるのではないでしょうか。

また、司法書士の勉強は法律に関する専門的な事がほとんどですので、常にやる気を保ったまま勉強に取り組むのはかなり大変な様ですね。やる気を保つ事ができない場合には、勉強の内容を高いクオリティーにする事も難しい場合もあります。

学校を利用して勉強していると集中しやすく、やる気を保ちながら勉強が続けられるという人も多い様ですね。

記述問題の司法書士

司法書士の試験は民法におけるあらゆる分野を中心に非常に難しい試験となっております。

多くの問題が択一式問題なので、ある程度コツがわかればリズムよく解けます。ですが、記述式問題もあります。記述式問題をとくには司法書士に関する知識を体系的に頭にたたきこんいることが大事です。

あてずっぽうでは部分点はもらえるかも知れませんが、満点を狙うことはまずできません。それに加えて問題に時間がかかることも多く、択一式問題に比べても問題を解く時間が読めません。

なので、大抵の場合は記述式問題を解くのを最初に持ってくるのがお勧めです。

司法書士を目指すなら通信講座

司法書士は国家資格の中でも難関とも言われています。 範囲を見れば分かりますが、法律だけでも民法、憲法、刑法を幅が広いですし、民法だけでも覚えるのに時間はかかります。

時間があれば独学でこつこつやっていくのも良いですが、1年2年で司法書士になりたいのなら最低でも通信講座を受講したです。独学と違うのは基礎テキストにあります。独学だと自分で書店を回りながら探さないといけませんし、どれが効率が良いテキストなのかなかなか分からないです。

しかし、通信講座ですと最適なテキストを用意してくれるので基礎テキスト選びに無駄に時間をかけなくて済むメリットがあります。

あとは勉強していく過程で必要なテキストを追加で書店などで探せばいいです。初めから最適なテキストがあるので勉強に入りやすいです。

MENU

TOP 任意整理 債務整理 過払い 交通事故弁護士 離婚弁護士 弁護士と司法書士

交通事故弁護士の慰謝料相談、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談、離婚相談についての情報。

交通事故弁護士の慰謝料、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

債務整理について知る

債務整理の相談

過払い請求の相談

交通事故の慰謝料の相談

離婚の相談

弁護士と司法書士