Debt consolidation information知っておきたい債務整理の情報をお届けします。

目次

  1. 民事再生について知る
  2. 任意整理と多重債務とその後
  3. 多重債務でも任意整理で借金減額
  4. 任意整理は債務整理の入り口?

民事再生について知る

特定調停と同じで民事再生についても裁判所での直接話し合いとなります。
ですので、事前に自分の現状を把握しておく必要があります。

特定調停は、任意整理が弁護士や司法書士に依頼したのに対して、民事再生は裁判所を用いて債権者と話し合い、返済計画をたてていきます。

弁護士や司法書士に相談しながら、返済計画を進めていく方が、詳しい返済計画を立てられるようになりますので、相談してみるべきでしょう。
特定調停は任意整理とは違い費用も安く、任意整理と特定調停を悩む方も多いです。

特定調停できまったことは絶対です。ですから、返済計画中に返済が滞ったりすると、債権者に給与を差し押さえさえれることもあります。
しっかりと返済計画を立て、滞らないようにしましょう。

自己破産について

任意整理と多重債務とその後

多重債務をかかえてしまった人が任意整理をしたとして、その後どのように人生が進んでいくのでしょうか?実は任意整理は契約が完了してしまうとほぼ直接弁護士さんと面と向かって話をするということがなくなります。基本的には月々返済していくと決めた金額を決められた口座に振り込むというのがルーティンになります。

そこから借り入れ先への返済は弁護士さんが担当してくれるので自分でやるということがほぼないのです。ですので、月に1回の返済さえ忘れなければ後は借金を返済していることを忘れてしまいそうなくらい穏やかな生活を送っていけることになります。

大阪で弁護士を探すなら「弁護士 大阪」で検索。

多重債務でも任意整理で借金減額

複数の借り入れ先があり、支払いが滞り催促に追われている人たちも多く利用している借金の相談窓口があります。最初はわずかな借金額であったにもかかわらず、事あるごとにカードを利用する機会が増えてしまったため、多重債務に陥るケースが度々起きています。

キャッシングや自動車ローン、ショッピングなど、用途は違うもののどれも借金であることに違いはありません。そのため収入を得ていたとしても、毎月の返済で生活費までを圧迫し、さらに借金を重ねてしまう傾向が高くなっていきます。ですが毎月の収入を得ている方で、現在の借金を減額し、毎月の返済分を楽にすることで、3年で支払い終える方であれば、任意整理も可能かもしれません。

任意整理は債務整理の入り口?

任意整理という言葉を知っていますか?こちらは借金に縁がない人であればほぼ使用することがない単語といっても過言ではありません。もし債務整理について勉強しようと思っている人がいるのでしたらこちらの単語は勉強しておいて損はありません。

任意整理というのは今何社にも返済している金額をまとめて弁護士に預け、弁護士によってそれぞれの借り入れ先に返済してもらうというものです。こちらのどういった点が優れているのかといいますと、例えば今5社からそれぞれ2万円ずつ借りていたとします。そうすると全部で10万円のつきづきの返済になりますが、こちらをすることによって全てで5万円といった形にすることができます。

自己破産・債務整理関連

MENU

TOP 任意整理 債務整理 過払い 交通事故弁護士 離婚弁護士 弁護士と司法書士

交通事故弁護士の慰謝料相談、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談、離婚相談についての情報。

交通事故弁護士の慰謝料、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

債務整理について知る

債務整理の相談

過払い請求の相談

交通事故の慰謝料の相談

離婚の相談

弁護士と司法書士